賃貸物件のキッチン、ダイニングキッチンの表記

賃貸物件を選ぶ時、間取りを重視する人は多いと思います。ワンルームよりも1Kのほうが、1Kよりも1DKのほうが、1DKよりも1LDKのほうが広い、と思っている人も多いはずです。しかし実際には1Kよりも広いワンルームもあれば、1DKよりも狭い1LDKもあります。広さの目安となるのは専有面積であり、間取りではありません。 実はキッチンを表すKやダイニングキッチンを表すDKなどに明確な規定はありません。一般的には6畳未満をK、6畳から10畳未満をDK、10畳以上をLDKと記載しますが、中には4.5畳でもDKと記載してある賃貸物件もあります。 DKというと、ダイニングテーブルを置いて食事ができる程度のスペース、と誰でも思うでしょうから、4.5畳は少し厳しいといわざるを得ません。食器棚まではとても置けないでしょう。それでも立って調理をするだけの2畳程度のキッチンではない、ということを示すためにDKと記載されることもあります。また8畳程度でもLDKと記載されることもあります。 賃貸物件は、少しでも広い印象を持ってもらいたい、という思惑が家主にあります。そのためこの様な分かりにくい記載になることがあります。部屋とは別にダイニングがほしい、という人は、間取りでキッチンの広さを確認するとともに、実際に見学してメジャー等で測ってみることをおすすめします。

Copyright ©All rights reserved.駅から近いほど家賃が高くなる賃貸物件.